新着情報

報告

  今年の当番学年24.回・25回生を中心に40?50人の卒業生が汲温会館に集合し、作業を行いました。私は、卒業以来初めてのお手伝いでした。この様に卒業生が集まって、総会案内発送をしてくれているのだと思うと、感謝感謝!です。そして久しぶりに中高の仲間に会って、近況報告を含め思い切りお喋りできて本当に楽しかったです。

また、ランチタイムには学校の食堂に入ることができました。私たちの頃と違い、明るくメニューも豊富で、窓からは桜の花も見える素敵な場所になっていました。

卒業生の皆さん、時にはお手伝いもいいものですよ。仲間とのお喋りも楽しいし、新しい学校も見ることができるし、是非一度参加してみましょう!

                                                                                高校25回 大塚智津子

 

封筒入れ写真2.bmp封筒入れ写真1.bmp

 

封筒入れ写真3.bmp

桜の花が今年は早くから咲き始めましたが、精一杯今日の

入学の日を待っていてくれたような気が致します。

校門脇には『入学式』と晴れやかな大きな文字。

たくさんの新入生親子が列を作りその前で記念撮影です。

 

IMG_1410.JPGのサムネイル画像 

       

       69回 

親和中学校入学式

君が代斉唱

入学生呼名

校長先生から「ただ今呼名しました188名に親和中学校入学を

許可します。」お言葉をいただきました。

校章授与

学校長式辞

 

IMG_1405.JPGのサムネイル画像

 

理事長祝辞

育友会会長祝辞

 

汲温会会長祝辞 要旨

 おめでとうございます。

 汲温会は会員数16千人近くなっており、街のここかしこで

卒業生たちが白いカバンを持ったあなた方を見守っていると

思って下さい。

 校祖 友国晴子先生の理念は、誠実 堅忍不抜 忠恕温和で 

校訓となっており、校章にもこの意味がこめられています。

この校章と白いカバンに誇りを持って 品位のある親和の

中学生でいて下さるよう希望します。

健康に留意され、勉学、スポーツ、趣味、部活に励み良い

お友達を作り、それが一生の財産となります様お祈り致します。

 

IMG_1408.JPGのサムネイル画像 

 

祝電披露

入学生代表誓詞

保護者代表挨拶

校歌斉唱 

学級担任紹介

卒業生297名に校長先生から一人ずつ卒業証書が授与されました。

 

 大利 慶子汲温会会長祝辞要旨

 

 ご卒業おめでとうございます。

 誠実 堅忍不抜 忠恕温和の校訓のもと、私たちは親和精神を受け継いできております。最近は女性が社会でより重要な役割を担うようになってまいりましたが、親和の卒業生であることを誇りに 胸を張って活躍してくださることを期待しております。

 

 先日、瀬戸内寂聴さんの講演を聞く機会がございましたが、自分を愛して自分が幸せになったら、あなたに人が近寄ってくる。すると、その人も幸せになり自分ももっと幸せになる。幸せとは循環なのです。又、皆様も将来に大きな夢を描いておられると思いますが、夢は叶えるために夢を持つもので、目の前に目標を定め、今、出来る事をやり続けたら夢に一歩ずつ近づくのではとも言っておられました。

壮大な夢をみつつ 世界に一つの自分自身の花を咲かせて頂きたいと願っております。

 

親和学園で育まれた絆を大切にして、自分を支えてくれた御両親や先生方、友人や回りの多くの方々に感謝の気持ちを持ち、健康に留意され これからの人生を歩んでいただきたいと思っております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

卒業生から、エントランスにソーラーライトが贈られました。

汲温会からは校章入りストラップをお贈りしました。

 

式後 卒業生達はピロティで写真撮影、下級生たちとのお別れ、最後のホームルーム その後、生田神社会館で謝恩会が行われるとの事でした。

 

untitled卒業式.bmp

 untitled卒業式2.bmp

untitled卒業式次第.bmp

新会員歓迎会

 

115

     ようこそ汲温会へ

 

この3月に卒業を控え 4月には新会員となられる高3生に

講堂に集まっていただき 汲温会へのご案内を致しました。

 

汲温会の成り立ちや 日頃の活動状況をお話した後

住所やお名前が変わられた時は必ず汲温会までご連絡下さい

ますように。

汲温会終身会費の事。

東京支部の事など 楽しくお話しさせていただき、

心ばかりの"卒業おめでとうございます"のクッキーをプレゼ

ント致しました。

 

その後 高3生は須磨の浄徳寺へ校祖墓参に出掛けました。

 

それでは、大学入試頑張ってくださいね。

                    志田 千恵

 

 IMG_1387.JPGIMG_1392.JPG

IMG_1384.JPG   IMG_1399.JPG         

平成24年度 汲温会親睦旅行

          ひとちがう 

 

47名の参加者、午後1時に湊川神社を出発して、京都に向かいました。

最初に訪れたのが常照寺です。山門をくぐるとそこは眼の覚める様な紅葉で華やかな雰囲気に包まれていました。次の源光庵では丸窓「悟りの窓」と角窓「迷いの窓」にしばし魅入りました。次の光悦寺では有名な光悦垣を見学、最後に訪れたのは妙心寺退蔵院です。御説明の後お若い舞妓さんと芸妓さんの舞にうっとり致しました。そこから見事にライトアップされた名庭に感激しながら会食場所となります別棟まで移動致しました。さすがミシュランの星に輝く「阿じろ」の精進料理は絶品でした。ここでも先程の舞妓さんと芸妓さんが各テーブルを廻って下さり私達の質問攻めにも、一つ一つ笑顔で答えて下さり、その美しさと健気さに感服致しました。

             高校20回卒 喜田淑子(旧姓 安永)

 

P1040644.JPGP1040646.JPGP1040665.JPGP1040673.JPGP1040684.JPG

    

 

親和学園125周年記念

         講 演 会

 

   

  講師 藤原 紀香氏

 

 演題  共に生きること。未来の子どもたちのために。

    ~日本と世界の絆?

 

             聞き手 河田 直也アナウンサー

 

        2012,11,9(金) 18:00~20:00

                       神戸国際こくさいホール

 

        

 

藤原 紀香さんの講演を聞いて

 

 

   まず紀香さんの飾らないフランクな話しぶりがとても印象的で、親しみを覚えながら最後までとても楽しく聞かせていただきました。

 

子ども達の純粋な心からの笑顔に、レンズを通して紀香さんの温かい思いが感じられ、お話とともにとても感動し、またあんなに素敵な写真を撮ることができる紀香さんにもびっくり!

 

日々雑事に追われ、自分の生活でいっぱいいっぱいになっていた自分自身を見つめ直すいい機会をいただいたと思います。

 

多忙な日々の中、紀香さん自身がスケジュールを工面し、直接子ども達のところに出かけ、子ども達の現状を少しでも多くの人たちに伝えようと前向きに取り組んでいらっしゃる姿に感動を覚えました。

 

あのツバルの素晴らしい夕焼け、決して無くしたくないですよね。

そして困難な状況に置かれながらも、自分達の夢を、希望を持ち続ける子ども達の笑顔も。

スマイル・プリーズ活動。NORIKA SCHOOL建設。

一過性の善意ではなく継続的な支援を続ける紀香さんの活動は、子ども達の未来のために、未来へと繋げる種まきをしてくれているんですね。

 

紀香さんのお話を聞きながら、明日から私も何か自分に出来ることを見つけて、ひとつずつ少しずつ始めなければ!!! 子どもたちに教えてもらった笑顔を忘れないで・・・。

そう思いながら、帰路につきました。

 

                   高校29回  毛利 万里

 

 

 

 untitled2.bmp

 

 

 untitled3.bmp

 

 

 

この講演会に合わせて 藤原紀香写真展がチャータードビルで開催されました。

 

untitled.bmp

120422-tokyo.jpg

120229-01.jpg2月29日
親和女子高等学校第64回卒業式が行われました。
先生方ご家族後輩達列席された皆の熱いまなざしの中卒業生289名はひとりづつ
植野直正校長先生より卒業証書を授与されました。

学校長式辞
親和での出会い親和の校訓を原点として、これからは自分の力で大きくはばたいて充実した人生を送って下さい。


120229-02.jpg


汲温会長 祝辞
皆様が活躍なさるこれからの世界は男女共同参画の社会で、女性がより重要な役割をはたす時代になっています。
この様な社会でこそ、女性としての基礎の備わった人が、より必要とされると考えられます。
親和学園の卒業生である事を誇りに胸を張って社会で活躍して下さる事を期待しています。
なでしこジャパンの沢主将は
「夢はかなえるために持つもので目の前に目標を定め今できることをやり、それを続けることができたら、夢に一歩近づけるのでは」と言っておられました。
目標を持ち続けることが出来る人生こそ、充実したよい人生といえるのではないでしょうか。
是非壮大な夢を持ち、世界に一つしかない自分自身の花を咲かせていただきたいと願っています。


120229-03.jpg汲温会から「校章のストラップ」などを卒業の記念として、卒業生全員に贈りました。
卒業生は「ソーラー式街灯」を卒業記念とされました。


120229-04.jpg

11月25日5限目にオーストラリアメルボルンの高校から 来神したばかりの交換留学生8名が先生と共に汲温会館で 日本の伝統的茶道を異文化体験しました。
彼女たちは、おおはしゃぎで色とりどりの柄の中から好みの浴衣を着させてもらい、お茶室に行き
お作法の説明を受けながら和菓子とお抹茶をいただきました。
後で感想を聞くと、イチョウの形をした和菓子がきれいでおいしく、お抹茶も残すことなくおいしかったとの事。日本語もなかなか上手です。
さすがに足のしびれには困ったようでしたが、作法の説明も熱心に聞き入り
貴重な体験ができたと喜んでくれました。
2週間程度の滞在だそうですが、中には日本でお正月を過ごす生徒さんもいるとか・・・
日本の神戸の親和での高校生活が楽しい者となります様願っております。

高校21回 御庄 晶子
111128-01.jpg

10月26日 追弔会

10月26日は、校祖友國晴子先生の祥月命日で、追弔会が講堂で行われました。

本年は、99名の物故の方々の御霊をお祭りし、ご遺族、友人、学園関係者、生徒が講堂に設えた祭壇に参拝しました。

校祖記念日の歌に始まり、献花、献饌、献茶、読経の中 焼香と、会は進み、"追弔会の歌"で故人を偲びました。

その後、例年通り、参列して下さった方々を汲温会館にお招きいたしました。

今年は約60名の方々が、お抹茶とお菓子(供菊)で和やかな時間をお過ごしくださいました。

高校19回 魚住 正子
111027-01.jpg

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

トップへ戻る